鞄に限らずですが、道具は使ってなんぼ、なんですよね。
そして、革物に限って言えば、使い込んでこそなんぼ、です。

私は革のエイジングを楽しみたいので、持っている革物は殆ど染料仕上げの物です。
ヌメ革は扱いに気を使うので持っていませんが、小物ならいつか飴色に育ててみたいと思っています。
いいご縁に期待しましょう。

様々な用途や理由で鞄を購入するわけですが、長く、たまにはお手入れもして、大事に使いたいものです。
革物は高価ですからね~。


因みに、自分は革に拘って普段は殆ど革鞄しか買いませんが、基本的に荷物持ちのせいか、鞄というものが大好きで、たまに夫や子供たちへ革以外の素材の鞄を買ったりします。
勿論、高価な物は買いませんが・・・ 。

先日、USJへ家族で行った時に、夫がリュックをもっておらず、これでいいわと用意したのが山用のポケッタブルザック。
その日は仕方なくそれで一日過ごしましたが、傍目に見てもあまりに酷かったので、近隣のお店でセールになっていたナイロン製のリュックを買いました。
別の機会でまたUSJへ行った時はそれを背負ってくれました。少しマシでした(笑)
特別にお洒落でなくてもいいけれど、ある程度のセンスの良し悪しは行動を共にする家族にも影響が出ます・・・。